S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
CDs
Books
DVD
肉体改造計画 私的記録 パート2
はてさてさて、『お豆腐ダイエット』の成果は?



7月の終りごろから始めて約2ヶ月間で、自分の身体周りの数字は次のようになりました。

結果                             (参考値)
----------------------------------------------------------------------------
体重:74.5キロ → 62.5キロ (▼12キロ)  |標準体重: 68キロ前後
BMI:23.8 → 19.9 (▼3.9)          |適正BMI: 18.5~25
体脂肪率:28% → 19.8% (▼8.2%)    |適正体脂肪率:14~23%
内臓脂肪:高い(肥満) → 標準
お腹周り:96センチ → 86センチ (▼10センチ)
----------------------------------------------------------------------------
(この間、間食やアルコールは絶っています。)

自分の印象として、体重は比較的順調に減っていくのに対し、体脂肪のほうは、必ずしもそれと平行して減っていかないということです。普通、摂取カロリーを減らして減量すると、「内臓脂肪」→「筋肉」→「体脂肪」の順で減っていくようで、こと「体脂肪」に関しては一筋縄ではいきません。

それから、本来必要とされている基礎代謝カロリーより少ないエネルギーしかとっていませんので、時々クラクラと立ちくらみすることもありました。これは状況によっては危険な場合もあるため、それなりの注意が必要かと思います。

現在は、肉体改造計画の第二段階として、体重自体はこのレベルで維持しながら、筋肉トレーニングで筋肉を増やし、体脂肪を減らしていくようにしています。ちなみに脂肪1キログラムを減らすのに7000キロカロリー以上の運動量が必要とも言われています。数キロ走った程度ではせいぜい2~300キロカロリーの消費ですから、脂肪を減らすのがいかに大変かがわかると思います。もし運動だけで脂肪を燃焼させようとすると、おそらくプロのアスリート並に、朝から晩までエクササイズしていないとダメかもしれません。

そこで登場するのが『スロートレーニング』、略して『スロトレ』。1回10分程度、週2~3回の筋肉トレーニングで筋肉を増強します。筋肉は、ただついているだけで多くのカロリーを消費しますので、筋肉が増えるほど、それに伴って基礎代謝量も増え、食べても脂肪になりにくい身体になるというわけです。『スロトレ』の特徴は、できるだけ少ない量のトレーニングを、筋肉を伸ばしきらないでゆっくりやることで、あたかも多くの筋肉トレーニングをしたかのように筋肉に錯覚させるのがポイントです。

身体がより筋肉質になり、かつ無理のない程度にそれを維持できれば、食べても太りにくい体質になります。ただ、筋肉を増やす上で必要なたんぱく質をそれなりに取ろうとすると、食べ方によっては必要以上の脂質も一緒にとってしまうことになりますので、プロテイン等のサプリメントを併用するようにしています。

以上が、この2ヶ月間の私のダイエット記録です。

最終的に、多少時間はかかっても、体重を現状レベルに維持した上で体脂肪率を15%まで落としたいと思っています。達成できた暁には、うれしくてまたご報告するやもしれません(笑)。 もっとも1度に12キロもやせると、当然リバウンドのリスクもあるわけで、その辺はこれからも気を引き締めていかなくてはと思っていますが。。。

私は、学生時代は55キロしかありませんでした。当時、サークル活動で毎日かなりの運動をしていたため、歌舞伎揚げせんべい一袋(20枚入り)を一人で連日食べても全然太りませんでした。それから20年以上経ち、いつの間にか20キロも余計なものを身体に身につけてしまいました。まあ、55キロはやせすぎにしても、自分の身長(177センチ)でたいたい今の65キロレベルが順当で、今後はこれ以上増えないようにしたいものです。

今回ダイエットをしてみて、なによりも良かったのは、1つは、自分でもやればできるんだという自信がついたこと。そして2つ目は、身体が軽くなった結果、気分的にも少し軽くなったような気がすること。そして最後に、今まで自分は、ずいぶんと食べ過ぎていたんだなぁとあらためて認識できたことです。たかがダイエット、されどダイエット。あなどれないなと思いました。

あと、食事で減量する場合には、家人の理解と協力が欠かせません。自分の分だけ食事の内容を変えるというのは準備の都合上面倒ですから、どうしても家人にも同じような質素な食事を半ば強いることになってしまいます。お互いにダイエットしなければという状況なら、それも良いでしょうが、そうでない場合は、どこかで妥協点を見つけないとならないわけです。家人に感謝しつつ、無理のないよう進めていく必要があります。

そうそう、最後に1つだけ。
自分の"Before"と"After"の写真をお見せできないのが、残念です(笑)
[PR]
by spacecat2006 | 2006-09-27 12:57 | ● エッセイ
<< 『まちぶせ』 新解釈 肉体改造計画 私的記録 パート1 >>

■■■■ PROFILE ■
位相の違いで地球からは見えないが、太陽系から約ニャン光年離れた宇宙猫星にたった一匹で住んでいる。

地球は縄張りの一つで、宇宙猫星と地球の間をニャープで往復しながら、人類の精神面における進化を観察中。

最近では、高次な次元につながると『猫さま』に変身すると言われている。

rainbow harmony 管理人
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧