S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
CDs
Books
DVD
遺跡と海と パート4 【街並み編】
大都会は世界中どこも似たり寄ったりだが、アテネもまたしかり。さまざまなお店が軒をつらね、道路の至るところに路上駐車の車が列をなしている。人口はギリシャ全体で1000万人で、そのうちの4割、400万人がアテネに住んでるという。石造りの古い建物が多く、街並みもお世辞にもきれいとは言えない感じだが、東京と比べてやはりどこかのんびりとしている。

今回は、ギリシャの街並みや生活の一端を感じさせるワンショット。

More
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-06-24 13:39 | ● エッセイ
遺跡と海と パート3 【宗教編】
ギリシャは遺跡と海の国だが、同時にギリシャ正教の国でもある。実際、ギリシャ人の95%がギリシャ正教徒だという。

アテネから北へ350キロ程離れたところに、メテオラという奇怪な岩だらけの一角がある。その断崖絶壁の頂きに、いくつかの修道院がある。9世紀、神との交信を求めるキリスト教徒がその地に庵を建てたのが始まりらしい。

カトリックとはひと味もふた味も異なるギリシャ正教は、ギリシャ古代の神々を抹殺することもなく、遺跡郡と不思議な共存をしていた。

More
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-06-23 23:47 | ● エッセイ
遺跡と海と パート2 【遺跡編】
ギリシャは遺跡の国だ。アクロポリス、デルフィ、オリンピア。。。数千年前の遺跡が、あちらこちらに当たり前のように人々の生活空間の中に溶け込んでいる。

これらの遺跡が作られた時代、人々は何を思って生きていたのだろう。そして、これらの遺跡を眺めながら通り過ぎる今の人々は、何を思って生きているのだろう。

おそらく。。。。おそらく、それほど違いはないのだと思う。ただ、当時の時代の人たちのほうが、今よりはスピリチュアルなものをより身近に、生活の一部として捉えていたような気がする。

たとえば、デルフィ。ここはアポロンの神託(神のお告げ)が行われた聖域だが、ここには世界の中心「大地のへそ」と呼ばれるポイントがある(直径1メートル弱ぐらいに石が置いてある)。この「大地のへそ」では、今で言うチャネリングが、誰でも認める当たり前の現象として行われていたに違いない。。。

More
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-06-23 16:08 | ● エッセイ
遺跡と海と パート1 【エーゲ海編】
この1週間、ギリシャに行ってきた。何か特に目的があったわけではない。 ただなんとなく。。。ほんとにそれだけだった。 

久しぶりの海外旅行で見たものは、めまいすら感じる遠い過去の遺跡、遺跡、遺跡。。。そしてどこまでも透明で静かな海、海、海。。。。

南国特有の刺すような陽射しの中で、ひたすら写真を撮りまくった。そして、自分がこの目で見たものを説明するには、おそらく多くを語る必要はないだろう。

More
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-06-23 00:17 | ● エッセイ
Jon Schmidt
私が今、もっとも好きなアーティスト。それがJon Schmidt。

More
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-06-06 22:12 | ● エッセイ
Ashes and Snow
f0107993_23372711.jpg

またまたご近所のYa-Weyさんからの頂き物。。。『Ashes and Snow』

More
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-06-05 23:49 | ● エッセイ
ダ・ビンチ・コード
今日、ダビンチ・コードを見てきた。原作はかなり前に読んだのでウル覚えだが、ほぼ原作通りの仕上がりになっていたのではないかと思う。ただ、ストーリーがあらかじめ分かってると、この手の作品は面白さが半減してしまうなと、あらためて思った。映像はとても綺麗だった。

More
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-06-01 20:46 | ● エッセイ
ecotonoha (エコトノハ)
エコトノハとは、みんなでインターネットの樹を育て、現実の森を創っていくプロジェクト。

だれでもオンライン上で1つの葉に1つのメッセージを書き込める。その葉が100枚になると、植林1本として換算され、実際の樹として植樹される。結構前からやられていた活動のようだが、私は最近になって知った。

BGMの水のしずくの音を聴きながら、葉っぱがどんどん増えていくところを見ていると、それだけで疲れが癒される。。。。

f0107993_2150931.gif(←ここをクリック)


■プロジェクトの詳細はこちら
https://www.ecotonoha.com/
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-05-30 21:51 | ● エッセイ
千の風になって
千の風になって
新井満 萩田光雄 Satoshi Yoshida / ポニーキャニオン
ISBN : B0000DINO3

この詩はあまりに有名なので、私も読んだことがあったが、曲がついているとは実は知らなかった。以前、そのことをお隣のEmikoさんにお話したら(千の風になって)、親切にもCDを頂戴した。

どこか懐かしいような、優しいような、そして切ないような、そんなメロディーに載せられて歌われると、この詩がまたいっそう、自分の心の琴線を震わす。このとてもシンプルな詩がとても奥行きのある思いをかもし出してくれる。。。そして、この曲を聴く人一人一人に、それそれの思いに満ちたストーリーがあることを想像すると、またあらためてそのことに美しさを感じる。。。

原作の英語では、全部韻を踏んでいるので、原文のまま声に出して読むとさらに美しいですよ。

Emikoさん、ありがとう。
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-05-29 22:21 | ● エッセイ
flickr
flickrという写真専用ブログがある。ごくごく本当の素人から生粋のプロフェッショナルまで、世界中のさまざまな人がさまざまな視点で、さまざまな写真をアップしている。写真はジャンル別にされているほか、自分の好きなキーワードで検索も可能だ。

疲れたとき、あるいはだたなんとなくぼ~っとしているとき、このサイトの写真をみていると、ときどきハッとするような作品に出会うことがある。自分のハートにストレートに訴えてくるような写真、あるいは、魂の一番深いところに手が届きそうな、そんな予感をさせてくれる写真。もちろん、単純に楽しいとか、かわいいとか、面白いといった写真もたくさんある。

なにしろ世界中の人が参加しているので、その視点というか切り口というか、自分のふだんの日常生活はとはまったく異質なものをいっぱい見せてくれるのがうれしい。英語サイトだが、英語が分からなくても、写真はいろいろことを豊かに語りかけてくれる。

■flickr
http://www.flickr.com/
[PR]
# by spacecat2006 | 2006-05-27 11:38 | ● エッセイ

■■■■ PROFILE ■
位相の違いで地球からは見えないが、太陽系から約ニャン光年離れた宇宙猫星にたった一匹で住んでいる。

地球は縄張りの一つで、宇宙猫星と地球の間をニャープで往復しながら、人類の精神面における進化を観察中。

最近では、高次な次元につながると『猫さま』に変身すると言われている。

rainbow harmony 管理人
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧